大切な情報を消す

カラフルなケーブル

早めに交換できれば安心だけど

皆さんはハードディスクを捨てる時どうしていますか。 ハードディスクは結構壊れやすいので、それなりに交換する機会があります。 しかし、個人情報などが沢山残っているハードディスクをそのまま捨てるのは、あまり気持ちいいものではありません。 SMARTイベント(ハードディスクの自己診断機能の事です)が発生した時に、早めに交換する場合はいいのですが、問題はほとんど動かなくなった時です。 早めの交換の場合は低レベルフォーマットをハードディスクに行います。 これでハードディスクの記録面を塗りつぶしてしまえば、もう情報を読み出すことは二度と出来ません。 ただ、この低レベルフォーマットと言うのは、ハードディスクにきちんとアクセス出来ないと行えないものなのです。

個人向けPCなら問題ないけれど

もうきちんとアクセス出来ない程不具合が発生しているハードディスクを捨てるには、物理的な破壊しか安心できる方法がありません。 ですが、衝撃に弱い記録媒体でありながら、完全に壊すとなると結構骨が折れる作業になってしまいます。 一個だけ捨てるのならそれでもどうにか出来ますが、これが出来るのは個人向けPCまででしょう。 企業向けの場合には、データ消去サービスというものがあるので、お金さえ払えばあたかもシュレッダーで書類の情報を守るような事が出来ます。 気になるのは、大手ならいざ知らず中小企業がデータ消去サービスにコストを割いてくれているかどうかです。 もちろん、PCに詳しい社員がきちんと処理してくれるならわざわざデータ消去サービスに頼らなくても大丈夫です。 でもどこから情報が漏れるかわからない時代なので、企業にはデータ消去サービスの利用を徹底して欲しいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加